Recent Posts by noriko

森さんのスポーツ栄養学 * 第10回

2008/01/01

■ 第10回  体格をよくしたい ■

こんにちは。 今年はスポーツのビックイベントが多く、楽しみですね。 世界一流アスリートでなくても、最高のパフォーマンスを出したときには何ともいえない気持ち良さがありますよね。 今年から「指定管理者制度」で、地域のスポーツセンターなどが今まで以上に使いやすくなってくると思います。 スポーツ栄養で、皆さんのサポートができればと思っています。

 

P1220528

●「体格をよくしたい!」って何?

これはよく言う「ガタイをよくしたい」「筋肉をつけたい」ってことです。 スポーツ選手にとって、競技特性に合った体格が必要です。 例えば、サッカー選手にとってウェイトリフティング選手並の体格は必要ないということです。
体格をよくするためのスポーツ栄養の基本知識としては、第7回での「身体づくり『骨・肉』」を参考にしていただき、ここでは、「ガタイをよくしたい」として考えたいと思います。

 

●なぜ選手が「ガタイをよくしたい」と思うのか?

コンタクトプレーの多い競技の選手は、ガタイが小さいと競り負け、 ゲーム展開を悪くしたり、ゲーム自体の敗戦につながることがあります。 よく練習では調子がいいのに、試合では力が出せないという選手がいます。 練習と違って、試合では本気です。コンタクトが強い中で競り負けて、余裕がなくなり自分のプレーが出来ないのです。 やはり、選手にはある程度の“ガタイ”は必要なわけです。

 

●「ガタイをよくしたい」と思ったら守りたい3つのこと

仮に「第7回の知識」があったとしても、それでもガタイが良くならない場合があります。

1.「トレーニング負荷が低い」
ガタイをよくするためには、ただ一生懸命に練習をするだけでなく、より負荷の大きいトレーニングが必要になります。

2.「食事のタイミングが悪い」
ベストタイミングはトレーニング後30分以内と言われています。
しかし実際を考えると、それは無理な環境が多いので、普段の3度の食事をバランス良く摂り、トレーニング後はおにぎりなどを用意しておいて、摂ることが必要です。

3.「実際に食事で栄養が賄われていない」
当たり前ですが、食事メニューが何だったか?という事ではなく、実際に口に入ったものは何か?という事です。 そう考えると、トレーニング後にジュースやお菓子を飲食し過ぎず、バランスの良い食事をきちんと摂ることが必要です。
「バランスの良い食事」は第5回を参考にしてください。

 

3~10日の生活活動・食事摂取調査をしてみると、ガタイが小さい選手には、3回の食事をしっかり摂っていなかったり、食が細く食事量が少なかったりと、上記の3点が守られていない場合が多いのです。 日々の習慣がトレーニングと同じように大切なのです。

t

P1220520

 

 

ワークショップ申し込みフォーマット

2000/12/16

Workshopお申込み・お問合わせフォーム

受付中のワークショップ

【ホームパーティー気分でカラフルクッキングクラス


日時:7月17日(日)11時〜14時
   7月17日(日)17時〜20時
   7月20日(水)11時〜14時
定員:各回4名様 (最小開催人数2名様)
参加費:5000円
場所:カラーパワーズ・キッチンスタジオ[Map]
持ち物 :エプロン、手ふき、筆記用具
        (エプロンお持ちでない方、お貸しします。あらかじめご連絡ください)

*はじめてスタジオにいらっしゃる方は事前お振込となります。
*お名前、お申込み日時、人数、連絡のとれる電話番号をおかきください。
*苦手な食材、アレルギーのある食材等がある方はメッセージにおかきください。
*ご質問等ございましたら、通信欄にお書きください。

キャンセルについて:
開催1週間前の午前8時以降は半額、開催3日前の午前8時以降は全額のキャンセル料をいただきます。代理の方をみつけてくだされば、キャンセル料金は発生しません。ご容赦くださいませ。


 申し込み 問い合わせ


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご住所

お電話番号

お申し込み人数

通信覧

Recent Comments by noriko