Archive for the ‘旅行記 (国内)’ Category

旅の思い出

2010/01/21

野沢旅行記vol.4

野沢を出て車でちょっと走ると、
小高い岡の上に銀杏の大木がありました。
御神木です。

P1170176

大きな木を見ると、ぎゅっとしたくなりませんか?
これ、私だけじゃなかった!
絵のむかって左の人、
あなたの気持ち、よ〜くわかるよ。

P1170181

P1170181

雪の戸隠にて。
雪の日限定、ロンゲホワイト。
なんか、おばちゃんぽい……。

IMG_7891

信州グルメ

2010/01/18

野沢旅行記vol.3

旅行といったらご当地グルメも最大の楽しみ。

野沢温泉 新屋

野沢温泉 新屋

焼きとり丼

焼きとり丼

こちらの店は、鶏とうなぎで有名らしい。

こちらの店は、鶏とうなぎで有名らしい。

お世話になった『民宿なぐも』さん

お世話になった『民宿なぐも』さん

新鮮でおいしい馬刺

新鮮でおいしい馬刺も名物

丁寧に炊いた結晶です

丁寧に炊いた結晶です

こだわりの鱒らしい。

こだわりの鱒とのこと

地元の食材を丁寧にお料理して、食べさせてくれる宿『なぐも』。
お料理が出るたびに、お母さんが照れながらいろいろ説明してくださいました。
地元のおいしいものを食べさせたい!との思いが、
素材や料理から伝わります。
夜も朝も手作り料理が食べきれないほど並びました。
お米は稲を干して熟成させているとか。
おひつにたっぷり入って出てきた朝食の炊きたてご飯を残してしまうのが残念で、
おにぎりにしたいとお願いすると、
野沢菜ごはんの素やらラップやら、笑顔で持って来てくださいました。
ホテルもよいけど、ちいさな宿は温かさを感じますね。

戸隠にて一足早い年越しそば

手打ち一筋!戸隠の老舗 岩戸屋さんにて

そば本来の味を楽しむならザルですね

そば本来の味を楽しむならザルですね

野沢から戸隠に移動。
戸隠でおそばを食べたら、天ぷら盛り合わせの中に、りんごの天ぷらがありました。
人生初です。
もちろん天つゆにつけて食べるのですが、これがけっこうおいしい〜。
新しい味発見!旅は、これだから楽しい!

パリの香りがプンプンです。また行きたい……

小布施 パリの香りがプンプンのパティスリーロント

丁寧な仕事をされてます

酒蔵 松葉屋本店 丁寧な仕事をされてます

最終目的地は栗で有名な小布施。
しかし、パティスリーロントにて興奮&大量買いしたため、
栗へのテンション一気にダウン。
結局、松葉屋本店で地酒などを買って後にしました。
松葉屋さんのお酒は最高においしかった〜。
酒所新潟育ちの義兄をうならせたうまさでした。

温泉卵の執念

2010/01/17

野沢旅行記vol.1

年末に野沢温泉に行ってきました。
野沢温泉は外湯が13カ所あり、
地元の方や野沢温泉内に宿泊する観光客が無料で使用できます。
温泉街には温泉卵を作る、
『たまごの源泉かけ流しお風呂』のようなものもあるのです。

IMG_7812

温泉で作る温泉卵ってなかなか作るチャンスがないから、
ぜったい作りたい!と思ってました。
普通の卵は温泉街でも売ってますが、
おいしそうな卵と卵を入れるネットを地元の方用のスーパーでゲット。魚沼産の卵でした。

P1170143

作り方は簡単。
25分間、ネットを卵風呂に入れておくだけ。
外湯に入っている間につけておいても、
散歩の間につけておいてもOK。
ちなみに朝は朝食用にたくさん卵が入るので、
お湯の温度が下がるので35分ほどつけるそう。

IMG_7813

★家庭で作る温泉卵
卵の黄身は65〜70度で、卵白は75度〜80度以上でプルプル(いわゆる固茹で卵)に固まります。(いわゆる固茹で卵)
70度くらいに保つと、卵黄はとろ〜り、卵白はゆるく固まります(温泉卵)。
ルクルーゼなどの保温性の高い鍋に、冷蔵庫から出したての卵を入れて、
70度までお湯を熱します。
その温度を20分〜30分ほど保つと温泉卵ができあがり。
ただ、湯の量や卵の個数によって固まり具合が変わってきます。

観光客の方たちは、
器がないので、固ゆでにして食べるそうですが、
それじゃつまらない。
このために、器、スプーン、麺つゆ持参をしていた私に、
「たべものにかける執念すごい〜!」と彼。
だって、いつなんどき食べたいときや
食べれる状態のときが訪れても大丈夫なようにしておきたいですもの。
結局温泉卵は、PAでいただきましたよ。

P1170202