Archive for the ‘旅行記*ヨーロッパ’ Category

料理とワインのヨーロッパの旅 vol.5 どうなの!?ライアンエアー

2011/08/09

旅の2日目。
早朝、5時30分。タクシーでポルトマイヨのバス乗り場に向かい、シャトルバスでボーヴェ空港にむかいました。
8時半のフライトでイタリアチャンピーノ空港に飛ぶためです。
聞き慣れない空港名は、格安チケットの証。
そうなんです。イタリア行きたさに、格安のライアンエアーのチケットを購入してしまったのです。

ボーヴェ空港1と2があります。シンプルな建物。


前評判はまあまあの下といったところでしょうか。
実際は、
・中心地から空港までとにかく遠い。交通手段が選べずバスのみ。
・機内は自由席なので搭乗直前までみんな何気に戦闘モード。(搭乗を待つ列もよくわからない)
・まず定刻通りに飛ばない(30分は機内で待たされました)
・荷物の個数や重さの規制が厳しい(最後に搭乗したので、実は見逃してもらっちゃいました)
・ビザチェックを忘れると大変!(パスポートやチェックインのプリントを見せるだけです)
・事前インターネットチェックインは必須!(メールがくるのでまず忘れる事はないです)
・機体の大きさも影響するのか、やんちゃな運転。

う〜ん。体力勝負!時間があてにならない!
というわけで、体力と時間がある方には格好のエアラインでしょう。

搭乗案内後に、ここでチェックインとビザチェックをします。EUのパスポート保持者以外は、荷物のチェックインがなくてもビザチェックが必須。

でも、往復どちらも、ほぼ満席でしたよ。
さすがに日本人は数名しかのってませんでしたが、現地に住む人だったら使わない手はないのでしょう!


もうすぐ搭乗。最後に荷物の個数チェックがあります。


機内は毛布もないし、サービスはすべて有料。スクラッチも売ってて当たると車がもらえるらしい。

そうそう、おもしろいエピソードがありました。
行きは主にクールなフランス人をのせているので至って静か。
帰りは、主に陽気なイタリア人をのせているのでうるさい、うるさい!妙にハイテンション。
うまく着陸したときには、なぜか拍手喝采!
しかし、夜10時をすぎたフランスはイタリアよりも15度も低く、天気も薄暗くひんや〜り。期待とともに外にでた瞬間、彼らのテンションが一気に冷めて、表情が凍りついた姿に、思わず笑っちゃいました。

・」

や〜っとイタリアに到着!青い空にテンションアップ!

・」・

料理とワインのヨーロッパの旅 vol.4 誇るべき日本人

2011/08/09

パリの街を歩いておいしそうなパティスリーやブーランジュリー、
そしてレストランには、たいてい日本人が働いていました。

店からキッチンを覗くと、一心不乱に真剣なまなざしで働く日本人の姿をなんども見ました。

私が訪れたレストランは、2店舗ともスーシェフは日本人。
シェフに話をきくと、日本人はまじめで礼儀正しく、そして丁寧な仕事をすると賞賛してました。
ホールスタッフの態度からもそのスーシェフ達がいかに信頼され力があるのかが分かりました。

世界のフランス料理界を支えているのは、ある意味、勤勉でまじめ、そして器用な日本人なのではないかな……。

私もがんばらなくては!


料理とワインのヨーロッパの旅 vol.3 パリを拠点に旅をする。

2011/08/08

パリにはおしゃれなホテルやアパルトマン、シャンブルドットなどありますが、
私たちの旅のスタイルは、ホテルはおしゃれ度よりも実用重視。

HOTELの看板が私たちの宿

ポイントとしては
・北駅から限りなく近い(空港からのアクセス、タリス、TGVに便利)
・ホテル内に安心できるバゲッジルームがある
・FIWIが使える
・2つ星以上
・英語が使える
もう1つ欲を言えば、バスタブ付き。
これらすべてが揃えば、私たちにとっての最高のホテルです。

オーガニックブランドも持つスーパーマーケットMONO'Pもホテルから徒歩2分。写真右奥が北駅。

今回は、パリの北駅付近のメトロポールに宿泊。すべての願いを叶えてくれるホテルでした。
ホテル付近には、MONO‘P というセレクトのよいスーパーマーケット。そして、ホテルの目の前には通称「私たちの冷蔵庫」と呼ばせていただいた小さな食料品ショップがあり、かなり重宝しました。
週末はMONO‘Pがお休みなので、水やちょっとした食料、そして冷えたビールを買うには、「私たちの冷蔵庫」様様でした。

ホテルからは徒歩10分でTGVにのるのに便利な東駅が。

そして、もう1つ、北駅の特典としては、
モンマルトルまで徒歩でいける!ってことでしょうか。
モンマルトルにはおしゃれな洋服屋さん、ブーランジュリーもあるし、サクレクール寺院もある。
散歩にはもってこいの場所なんですよね。

というわけで、今回もじゃまなスーツケースは宿に預けて、
パリを拠点に快適に旅をしましたよ。

パリに入ったらまずは、サクレクールにご挨拶。が定番ルート。

しかしながら、北駅はあまり治安がよい地区とは言えません。
空港から北駅までの国鉄や、北駅周辺は油断禁物です。かなり緊張します。

料理とワインのヨーロッパの旅 vol.2  機内の過ごし方

2011/07/19

タイトルには料理とワインの……とついておりますが、
本当は、料理とビールとワインの……の方が正しいかもしれません。

ソムリエールと旅をしながら、乾杯はいつもビールでしたもの。
旅の始まりも、もちろんビール!では、そのお話から……。

愛猫を思い出してパチリ。コペンハーゲンにて。


さて、今回の旅は、スカンジナビア航空を使いました。
以前にも使ったことがありますが、私はけっこう好きですね、SAS。
客室乗務員さんの、フレンドリーかつ過剰すぎないサービスもすき。
機内食もおいしいです。

いいとこ(ロイヤルコペンハーゲン)の猫。うちの子とかぶりもせず……。

私は機内ではいつもベジタリアンミール(卵、乳製品OKの)を予約します。
現地では、あまり食べ慣れない牛やラムも食べたいし、
食物繊維も補給したいし。

ベジタリアンミールを頼むと
客室乗務員の方が席まできて名前を確認してくれるので、顔もなんとなく覚えてもらえてるようです。
なんといってもエコノミーで一番始めにサーブされるので、
ゆっくりとお食事を楽しめるのもいいのです。
(ただ、周りが待機状態ですので、メインの蓋をあけるタイミングには注意してます)

あたたかなパンが配られるのがSASの特徴。コックコートを着た客室乗務員がにっこりとサービスしてくれるのもSASならでは。

カクテルタイムにはビールを注文。
たとえ、1人で座っていても、となりの知らない男性がコーラを頼もうと気にせずビールで旅の出発に乾杯!
SASではカールスバーグとTUBORGのどちらかがランダムにサービスされます。
白ワインもいただきましたが、これぞテーブルワインって感じで……でした。

スパイシーなトマトと野菜煮×ターメリックライス、アーティチョークのサラダ、ゼリーとフルーツ

お休みタイムは、ひたすら映画鑑賞。
好きな映画があるときは、英語でひたすらそれを見続けます。
これは、すでに仮死状態の脳内の英語細胞を呼び起こすためのいわば儀式。
今回は、『プラダを着た悪魔』が英語の先生となりました。
でも、これってけっこう効果あり!
というか、フランス語もイタリア語も話せない私にとって、英語は命綱ですから、この作業はマストなんです。

ベジタリアン用のスナック。心の中でチーズプリーズ!

機内では、水分補給と手足の運動が勧められています。
機内最後尾は水分とスナックビッフェになっており、
私はいつもそこで、水分補給とストレッチしてました。

これなら、ベジタリアンのあなたにも食べられるわ!と差し出されたスナック。白カビチーズ入ラップサンド。

しかしながら、行きは長かった。
向かい風なので、13時間+2時間。

自宅を出発して約20時間後、
パリの地に降り立ったのは夜8時半を超えてました。

パリは10時をすぎてやっとこ薄暗くなる季節です。
到着後、もちろん元気にディナーに出発です!

料理とワインのヨーロッパの旅 vol.1

2011/07/19

気がつけば、前のブログの更新からはや1ヶ月たってしまいました。

その間に、かなり久しぶりに海外にでかけてきました。
遊びじゃなくて、一応研修です!


今回は、パリを拠点に、ローマ、アルザス地方へ行ってきました。
そして、トランジット間にコペンハーゲン散策のおまけも。
旅のスタイルは個人旅行。
かなり強行スケジュールで、移動もおおかったのですが、
食べるも、飲むも、見学も、レッスンも、交流も、ショッピングも、ファッションチェックも、日焼けも
想い残す所はない!というくらいに満喫しました。

毎回海外に旅をして思うのですが、
みんなに助けられて、無事に帰国できたってこと。
偶然にすれ違ったひとでさえも、私たちの旅をささえてくれたことに感謝です。
忘れたくないので、ちょっとこちらに記させていただきますね。

あなた、帽子落としたわよ!(ローマ市内で)

バス乗り場はそっちを曲がって線路をこえてあっちだよ。(ローマのテルミニ駅で。ジェスチャー混じりで教えてくれた)

君の友達はどこの席だい?離陸したら交換してもいいよ!(満席の国際線の機内の中にて)

M2の電車はこのM1電車のあとにでるわ!空港いきただから大丈夫!(コペンハーゲンの地下鉄で)

危ないからダメよ!(パリの地下鉄で降りる人が多すぎてドアがしまってしまい、あけようとする私をとっさにとめてくれた女性)

入らないの?かしてごらん。ダメだ、前のマシンを使って!(バスにのったあとに刻印をおすマシンにチケットが入らず苦戦しているところを即座に助けてくれた)

ああ、もっとあったはず……。

パリの宿のスタッフ、
ローマのB&Bのご家族、
コルマールのワイナリーのご家族、
もう、本当に、本当にお世話になりました。
痛いほどに優しさを感じたステイでした。


それから、旅の伴侶と旅を許してくれた私と友人のパートナーに最大級のありがとうを!
いろいろありましたが、無事帰って来れてよかった!

これから、ぼちぼち、旅のお話し更新していきますね。