Category Archives: 日々のきろく

のりこのひとりごと

コリス印のシュトーレン2018

2018/12/25

正統派のクリストシュトーレンのレシピを忠実に、フルーツ、洋酒、スパイスで毎年の変化をつけて焼いています。

今年で、シュトーレンを焼き始めて10年くらいかな。

近所のお友達におすそ分けしていたら、どんどんその輪が広がって、、ひいつの間にか、12月になるとコリスマスコビトが集まって、シュトーレン工房がひっそりと稼働するようになりました。

今年は、一般予約ができずに販売終了してしまい、お知らせをお待ちいただいていた方もいらして、すみませんでした。

来年も焼きますので、ぜひよろしくお願いします!

 

48417279_795436597465211_4855639718458556416_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*お召し上がり方

シュトーレンは、アドヴェントケーキ。クリスマスまで一切れずつ頂きながら、味の変化(熟成)を楽しみます。

 

お手にした時には、冬眠から目覚める頃(最低限の熟成期間をおいています)。

すぐにお召し上がりいただけます。

でも、食べちゃうとコリスマスまで持たないので、一切れ食べて我慢して、19日くらいから毎日一切れずつ楽しんで、ピチッとラップして冷暗所にて保存してください。

日もちさせるため、発酵バター、洋酒漬けフルーツ、砂糖がたっぷり含まれるお菓子なので、重たい仕上がり。

なので、毎日5~6mmほどを一切れずつがちょうどいいのです。

49007407_322097925056779_2259314138142474240_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*コリスマスコビトのこだわり

◯砂糖は精製度の低いものをキッチンで粉糖にし、バニラビーンズを混ぜています。

◯マジパンは、ドイツリューベック社のオーガニックのものを使用しています。

◯スパイスは質と香りにこだわり、ナツメグ、カルダモンは、直前に粉末にしています。

◯バターは、国産の発酵バターを使用しています。

◯レモンは、コビトのお友達の庭で大切に育てられた、収穫したてのものを使用。皮を使うから安心で香り高いものがいいのです。

◯洋酒漬けフルーツは、毎年テーマにそって配合を変えて3ヶ月漬けています。今年は、良質なホールスパイスも一緒に漬け込みました。

◯シュトーレンはコリスマスコビトたちによって森で焼かれています。

◯シュトーレンは、オリジナルブレンドのコリスマスティーと一緒に食べるとさらにほっこりします。

◯コリスマスコビト手作りのオーナメントを飾ると、優しい気持ちになります。

◯包みのキッチンクロスで、キッチンを磨くと心がウキウキします。

◯ローリエをぽとんと入れて、森のスープをつくると、心もほんわかします。

 

48398044_2074524445917055_5523060035480977408_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*材料

砂糖、小麦粉、発酵バター、牛乳、洋酒、ドライフルーツ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、卵、マジパン、マーマレード、イースト、生姜、香辛料、バニラエッセンス、バニラビーンズ、レモン

今年も焼きます!

2018/10/03

9月にシュトーレンの洋酒漬けフルーツを仕込みました。
今年は、柑橘×りんご×フェンネル×カルダモンで華やかに。
甘くなりすぎないために、
生姜でぴりっとアクセントを、
クローブとナツメグでしっかりと低音を支えます!

そんな味の構想を一年前から考えてました。
さて、どんな味に仕上がるかワクワクです。

41880671_1452940294849730_2750744085697396736_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、この洋酒漬けフルーツで
パウンドケーキも焼いてみようかと思ってます。
スパイシーかつ、フルーティーでブランデー香る
大人のケーキ。

年末には、恒例の『クリスマスパーティーみたいなクッキングクラス』も開催します!

 

2018年1月におもうこと。

2018/01/05

あっという間に、お正月もすぎさりました。

あまりにも12月のインパクトが強くて、
正月の印象が薄く、
カレンダーにわたしの頭がついていっていない状態です…。

12月、盛りだくさんでした。
シュトーレンの焼成も、
今までの最高本数51本!を記録☆
料理教室での試食用1本を手元に残して、50本が全国に旅だっていきました。
ただただ、夢中で焼きました。

26613621_1236131303197298_1306129918_o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影、取材、打ち合わせ、クッキングクラス、コラボ企画、感謝祭、忘年会とスタジオも連日お客様がたえず。
取引先にも何度か足を運び、
2度目のラジオにも出演しました。

26695357_1236131333197295_1915772186_o

 

 

 

 

 

 

26654628_1236131316530630_1298869033_o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末には、ご褒美のライブに2本参戦☆
そして、年越しは、ディズニーシーで。

去年は、まんまと風邪をひきましたが、今年は体調もほどほどによく
のりきった感じです。

26655583_1236131339863961_648676802_o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんばった一年というよりは、
精一杯生きた感じ。
ダメダメな自分も含めて、疲れるとすぐに寝ちゃう自分も含めて、
OKと言える自分を生きた
そんな感じです。

 

来年は、、、
あ、いや、今年は、、、
もっと、店舗にかかわる仕事をする。
それから、もうちょっとだけ多く、
キッチンスタジオのイベントも開催する。

スパイスをもっともっと追求する!

海外に調理研修にいきたいな。
ポルトガル、イタリア、フランス、ベルギー、オランダ、、、
まわりたいところがいっぱいなのです。

あとは、もうちょっとスリムになる!
今の体重よりも、1.5キロマイナスをキープしたい!!!
(この、1.5キロが簡単そうで、簡単じゃない年頃なのです、、、)
運動するってことですね。
ジェクサーにもっとまじめに通います!

今までの出会いを大切にしつつ
新しい出会いも期待して
自分を成長させたいな。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします!

26653161_1236131366530625_2124353484_o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

start up again !

2017/07/09

ちょっと前のこと。
久しぶりに色の勉強に行って来ました。

勉強といっても、ボトルを通して色と向き合う自分のための時間ですね。

久しぶりに、ボトルを選んでみましたよ。
はじめて選んだボトルが2つも!

 

19859289_1121466511330445_778103811_o

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でも薄々、第○ステージの扉が開かれたとは思っていたのだけど、
それを客観的に知ることができて、
それでいて、よくがんばったわたし!って思えたり…。

前に進むには、
心にも体にもエネルギーは必要です。
ここ数年、前に進むことだけを考えて生きてきたけど、
これからは、もっと自分のハートと対話しながら
まっ赤のエネルギーを
たくさんの可能性のために燃やしたい!

 

19850574_1121466514663778_740616809_o

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンスタジオオープニングイベントvol.1 のお知らせ

2017/06/09

な、な、なんと、オーラソーマのイギリス人ティーチャーであるドミニク先生が、わたしとコラボレーションをして下さることになりました。

コラボレーションのタイトルは、

『colorful foods for soul & colorful food for body』

色と食のつながりを
頭じゃなくて
体と心で味わう会です。

P1170571

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*内容
この日のために、色をテーマにメニューをくんだカラフルランチ会と
ドミニク先生によるミニトーク。
ミニトークは英語ですが、オーラソーマの日本のスペシャルティーチャーの大河内先生の通訳が入ります。


*日程
日時:7月12日(水) 12:30から15:30
定員:8名 定員になり次第、閉め切らせていただきます。(残席2名様)
         ※先着6名様が大きなテーブルに着席になります。
参加費:12000円(ランチ、ミニトーク、ティータイムつき)
申し込み方法:こちらのお申し込みフォームよりご連絡ください。
お名前、人数、連絡のとれる電話番号、苦手なたべものがあればご連絡ください。
キャンセル:1週間前からキャンセル料が発生します。
7月5日0時より50%
7月10日0時より100%
代金は、当日お支払いください。領収書が必要な方は、あらかじめお伝えください。
場所:カラーパワーズデザイン・キッチンスタジオ map

P1180144

 

 

 

 

 

 

 

 

 


〜このコラボレーションへの想い〜

ドミニク先生との出会い

1999年。
私はオーストラリアで、食と心をつなぐキーワードを求めて、仕事をしていました。そこでであったのが、『色』でした。色で、心と体を輝かせる料理を作る!そう強く心を決めて8ヶ月すごしたシドニーを後にしました。

2000年。
『色』のキーワードでたまたまご紹介いただいた、日本の「オーラソーマ」第一人者である野田幸子先生をたずねました。それがきっかけで、オーラソーマのセミナーハウスでコックとして働くことになりました。セミナーハウスは、閑静な住宅街の外国仕様の一軒家で、ひろいリビング(教室)の横にキッチンがありました。
私は、オーラソーマを習いにくる生徒さんに、色をテーマにした料理をつくっていました。
そのセミナーハウスで、イギリスからティーチャーとして招かれていらしていたのが、ドミニク先生です。
ドミニク先生は、コックの私にも、フレンドリーに接して下さいました。
ドミニク先生は、私の作る料理がお気に入りで、特に白ごまのプリンは大好物♪私はドミニク先生が来日するたびに、白ごまプリンを作っておもてなししました。
今でも、ドミニク先生は、わたしが大変なときに、ぽんとメッセージをくださり、遠くから支えてくださってます。
実は、天国に旅立った主人とは、オーラソーマがご縁で出会いました。
ドミニク先生と主人はとても仲良しでした。
なので、きっと、心配でしょうがないのでしょうね。

ドミニク先生のFB

 

P1180589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃のセミナーハウスの喜びを
再現したい

この春、新しいキッチンスタジオへの引っ越しの直前に急遽、当時お世話になっていた
オーラソーマの日本人ティーチャーにお会いする機会がありました。
お会いしながら、とっても懐かしい気持ちになったのです。
そして、新しいキッチンスタジオを、今は移転してなくなってしまったセミナーハウスに重ね、また、同じようなことができたら!と、想いを伝えたのです。

あららら、、、、。

それが、すぐに現実になってしまったようです。

あの頃のように、色の力に魅了された方達が集い、わたしが色のランチでお腹満たすお手伝い。
みんなで時にわいわい、時に静かに、同じものを口にする……。
そして、また、色の時間にどっぷりとつかる……。

奇跡のようにすすんだこの企画には、
きっと色の魔法がかかっているに違いありません。

P1170577

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントの内容は

○色をテーマに楽しむランチ
○ドミニク先生のミニトーク

ドミニク先生が、ドミニク先生の感性で
色と食とスピリットとボディーの関係を
語って下さいます。

色と食に特化したオーラソーマのトークは、はじめてなのではないでしょうか???
『オーラソーマ』と『カラフルフーディング』のコラボレーションに
わたしも涙がでるほど、うれしく、
ワクワクしています。

ぜひぜひ、ご参加くださいませ♪

『ミニミニ デボーラ』(大河内先生と、わたしは、こっそりそう呼んでます)を体感しにぜひいらしてください♪


*スタジオには、保護犬の3キロ程度の小さなわんこがいます。とってもフレンドリーです。動物が苦手な方は、ご遠慮くださいませ。

 

 

 

キッチンスタジオ 移転のお知らせ

2017/06/07

18342741_1080125662131197_5312698815767519868_n

慌ただしい毎日を過ごしておりますが、
やりがいのある仕事をさせていただき、
日々感謝です。

春に、キッチンスタジオを移転いたしました。
前のスタジオからは、徒歩12分くらいの場所です。

13年お世話になったキッチンや
たくさんの荷物ともお別れし、
すてきな思い出は心にいっぱい詰め込んで
新たな夢にむかって
新しい場所でリスタートをきりました。

新しい場所はとってもとっても快適です。
リビングも、キッチンも広くなりました。
テラスもあります♪
撮影や、レッスン、試食会なども
今までよりも快適にできるかと思います。

今後とも、カラーパワーズデザインをよろしくお願いいたします。

 

 

もう3月

2017/03/15

気がつけば、ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。

いろいろなお仕事をさせていただいて、
新しいチャンスもいただいて
学びと想像と創造をくりかえしながら、
寝ても覚めても料理のこと考えてます。

泣いたり
笑ったり
喜んだり
落ち込んだり
怒ったり
感情はいろいろ浮かび上がるけど、
ひたすら手を動かして料理を生み出して。
ああ、生きてるな〜って。

そんな毎日の繰り返しです。

明日も明後日も、朝いっぱいのコーヒーがおいしく飲めるように
日々を丁寧に、積み重ねていきたいものです。

 

 

P1230112

 

P1230150

 

P1230127

 

そうなんです。サンドイッチの奥深さに気づいてしまいました。。。。

わたしの「サンドイッチの旅」は続いてます。